アルツハイマー病について理解を深めて、治療に専念しよう

症状について知ろう

アルツハイマーは女性の高齢者の多くある認知症の症状の一つであり少しずつ脳が委縮していく疾患の一つになります。 脳血管性認知症とは異なり言語障害等はありませんが、アルツハイマーは徘徊やせん妄と言った症状が見られることがあります。 治療をする方法はあるものの完全に完治をすることが出来る病気ではないので、アリセプトなどの薬等で進行を食い止めると言った表現が適切になります。 なるべく一人でいる時間を少なくディサービスや外での活動を多くすることが大切になっていきます。 室内にこもり一人で生活をして無くなる高齢者が多くいる現在では人との触れ合いや交流を持つことが何より大切になって行くのです。 こう言った生活そのものにたいして生きがいを持って生活に張りを作ることでアルツハイマー等の症状の進行を防止することが可能です。

少しの工夫で得られるメリットというものもあり、高齢者の認知症の防止や個人が体の機能を活かして自立した生活をすることが福祉の目的の一つとも言えます。 アルツハイマーにかかっていても進行の状態が軽いうちは物忘れはあるもののある程度会話が成立する人も中にはいるのです。 薬の治療の他にも多くの治療法が研究されていますが、まだ実現可能な方法としては薬での治療による進行の防止が主流になっています。 会話や交流を持ちレクレーションなど体を動かす中で本人の趣味や好みにあった物又目的に合わせた内容のある人間関係を構築していくことが大切になっていきます。 完全に治すことが出来ないものですが、ある程度進行を止め良い状態を維持する努力をすることは出来るので地域の認識や関わりを持つ人の対応や協力が必要不可欠とも言えます。